遠藤薫研究室 
Kaoru Endo's Lab

遠藤薫

現職
学習院大学法学部教授
専門分野
理論社会学 / 社会情報学 / 社会シミュレーション
研究テーマ
社会変動論 / 社会システム論 / 情報基礎論 / メディア論 / グローバリゼーション / 文化変容

「高度経済成長期<日本型システム>から何を学ぶか」社会学系コンソーシアム・日本学術会議 第10回シンポジウム

社会学系コンソーシアム・日本学術会議 第10回シンポジウム「高度経済成長期<日本型システム>から何を学ぶか」2018年1月27日13:30~16:30 日本学術会議講堂(東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5番出口徒歩1分)

現代社会における諸現象を考察するさい、われわれはその参照基準として、高度経済成長期を中心とした<日本型システム>の形成過程とその特性・問題点を位置づける。しかし現時点において、<日本型システム>に関する知見が共有されているとはいえない。こうした認識を前提に、<日本型システム>を再考することは必須の課題である。このシンポジウムでは、現代日本の諸課題にとりくむ気鋭の社会学研究者から、<日本型システム>の特性と問題を批判的検討・議論いただき、戦後日本史再編へとつなげたい。