遠藤薫研究室 
Kaoru Endo's Lab

先導的人社事業

「リスク社会」とも呼ばれる現代において、急速に発展するメディアは、ソーシャル・ キャピタルの形成と変容に大きな影響をおよぼしている。本研究は、ソーシャル・キャピ タルおよび公共性概念を根本から再検討し、現代の重層的メデイア環境におけるその変質 を解明しつつ、「公共性」の理念のもとにソーシャル・キャピタルの健全な形成の条件を 探求することを目的としている。

2016-09-28
公開シンポジウム「リスク社会における公共性の構造転換と社会関係資本--計算社会科学からの挑戦--(第3回)」
先導的人社事業のページへ

遠藤薫

現職
学習院大学法学部教授
専門分野
理論社会学 / 社会情報学 / 社会シミュレーション
研究テーマ
社会変動論 / 社会システム論 / 情報基礎論 / メディア論 / グローバリゼーション / 文化変容

お知らせ

掲載>English Journal Online「大人の女性に「cute」というのは失礼か?英語で使いこなす「カワイイ」」

English Journal Onlineに「カワイイの世界」の連載第2回「大人の女性に「cute」というのは失礼か?英語で使いこなす「カワイイ」」が公開されました >大人の女性に「cute」というのは失礼か?英語で使 […]

Read More

お知らせ>『学術の動向』7月号

『学術の動向』7月号の「表紙の絵」および「特集1 理数系教育とジェンダー」の企画趣旨を書かせていただきました。特集には、力のこもった論文が揃っていますので、是非お手にとってください。(数ヶ月後、ネット公開されます)。 > […]

Read More

『宣伝会議』8月号「なぜ『鬼滅の刃』は世界の心に刺さったのか」

<?php the_title(); ?>

『宣伝会議』8月号に、連載第11回「なぜ『鬼滅の刃』は世界の心に刺さったのか」が掲載されました。連載第1回〜第10回「「恋のマイアヒ」に見る、しぶといネット時代のミーム」 」も一部(40%)公開されています。 >「恋のマ […]

Read More

講演・セミナー・出演情報